ウェッブコミックについて

何年前、ウェッブコミックについて書くつもりだったけど、結局何も書かなくてすみません(^^;)
じゃ、これからは色々なウェッブコミックを紹介させていただきます。

伝統的なアメリカのコミックは二つあります。
一つは、新聞に出る毎日出版されるコミックのことです。
多読のブログで新聞のコミックについて書きました。
そういうコミックは何だか家庭的な感じをして、内容はあまり変わらないのままで続いています。
コミックが作った人が死んだもコミックはそのまま続いている状態もあります。
つまり、内容はあまり現代的ではなくて、若者が新しいコミックを作るチャンスは少ないと言われています。

二つは、コミックブックということです。
コミックブックは色々な種類がありますが、一番人気のは超人のお話です。
コミックブックの世界は超人のお話に限りとよく思われているほど人気です。
そういうコミックブックを読むのはたいてい少年なので、少年向かえ以上のコミックブックは割と珍しいです。
もちろん超人のお話以外のコミックブックはありますが、少女や大人はよく知られていないと思われています。
最近漫画が流行っていてこの状態は変わって行きますが、一般的なアメリカ人は「コミックブック」を聞くと、「少年向けの超人のお話」と思っているはずです。

そして、ウェッブコミックの登場です。
ウェッブコミックはネットで出版されたコミックです。
誰でもはウェッブコミックを作る事が出来ますから、内容はたくさんあります。
新聞のコミックとコミックブックはほとんど男の人が作っていますが、女の人は人気なウェッブコミックを自由に作っています。
テレビゲームやコンピューターについてのウェブウコミックはたしかに人気がありますが、そのような種類に限りわけではありません。
絵があるし、楽しい内容が入っているし、無料だし、多読をする人にぴったりと思います。

ウェッブコミックはたいてい、ホームページに一番新しいコミックがあります。
そして、矢の形をされたボタンや言葉で印刷されたボタンを使って前のコミックや最初のコミックが読めます。
例えば、ホラーコミックの「Broodhollow」(ブルードホロー)を観てみましょう。
ホラーコミックと言ったのに、何だか可愛くて楽しい雰囲気がするので、心配しないでくださいね。
今は中断なのでコミックがないけど、コミックがあるはずところの下で、矢の形にされたボタンはあります。
時計が入っている赤い矢の形にされたボタンを押すと、最初のコミックから読めます。
そして、右にあるボタンを押すと、最も新しいコミックが読めます。
もし最初のコミックから読んだら、右に向ける矢の形を押すと、次のコミックが現れます。
ほとんどのウェッブコミックはこのふうにボタンでコミックを選ぶことができます。

ウェッブコミックの世界を後でもっと紹介しますから、楽しみにしてくださいね!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: