グリブ

マイロちゃんが赤ちゃんの時、毛布に包まれたとまるで幼虫のように見えた、と主人と私が思っていました。
だから「グラッブ」(つまり、grub、幼虫のこと)とニックネームにしました。
グラッブから他のニックネームも作りました。
grubby, grib grub, grubletもニックネームにしました。
そして、大きくなったと、グラッブはなんとか若く聞こえたと思いました。
だから「grib」を使うようになりました。
「グリブ」は英語の意味がありません。
ただ可愛い言葉だと思います。
そして、「グリブ」から色々な言葉を作って毎日使います。
たとえば、マイロちゃんが眠くなって気分が悪くなった時、「グリッビ」(gribby)と言います。
「あら、グリッビになっちゃったね。もうすぐねねしましょうね!」などをよく言います。
でも、「グリッビング」(gribbing)は「遊んでいる」と言う意味です。
マイロちゃんは一人でおもちゃで遊んでいる時、グリッビングはぴったりです。
主人にメッセージして、「マイロちゃんは元気でグリッビングしている」とよく言います。
うちの家族以外その言葉は意味がないけど、とても便利だと思います(^^)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: